ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)新前橋  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

新前橋
しんまえばし
Shim-Maebashi

 
井野 上越線 群馬総社
  両毛線 前橋


解   説
新前橋駅写真
2003/12/18撮影

『野に新しき停車場は建てられたり 便所の扉風に吹かれ ペンキの匂い草いきれの中に強しや。』

群馬県の県庁所在地、前橋市の玄関口である新前橋駅は、上越線の他、両毛線が分岐しています。両毛線の電車は高崎駅を発着しますが、戸籍上はこの駅が分岐駅。両毛線の終点の扱いになっています。

駅構内に電車区を併設しており(新前橋電車区)、色々な車両が留置されているの見ることが出来ます。電車区がある関係で、駅の構内は広く、駅の周辺にいくつかの工場があるために、貨物駅のような錯覚さえ起こしてしまいそうな感があります。電車区の脇には運転免許試験場やパスポートの発給所など、県の公的な施設が建ち並んでおり、県内の要所駅のひとつにもなっています。

前橋市は詩人萩原朔太郎の出身地。朔太郎が、新前橋駅が出来てほどなくしてから、『新前橋駅』という詩を書きました(冒頭の野に新しき~はその詩の書き出しです)。駅前ロータリーの植え込み部分には、その詩の歌碑が旧駅舎の絵と一緒に飾られています。尚、現在の駅舎は昭和58(1983)年、群馬国体開催に合わせて橋上化しています。

著名な地名に新を被せた駅名は多数ありますが、大抵開業の新しい駅か、古い地名を捨てて改称した駅がほとんどです。この新前橋駅は大正10年の開業。新○○で、これだけ歴史のある駅は珍しいんではないでしょうか。

入 場 券
新前橋入場券

民営化後も硬入あり。

D A T A
新前橋駅(しんまえばしえき)【シマ】   東京近郊区間 みどりの窓口
所属 JR東日本高崎支社
国鉄時 高崎鉄道管理局 【タカ】
開業日 大正10(1921)年 7月 1日
所在地 群馬県前橋市古市町471

© 2002-2020 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01