ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)登戸  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

登戸
のぼりと
Noborito

 
宿河原 南武線 中野島


解   説
登戸駅写真
2007/12/03撮影

川崎市北部の交通の要衝である登戸駅はJRと小田急の相互乗換駅。多摩区の中心部でもあり、乗降客数は線内でもトップクラスです。

長年、混雑によりJR、小田急相互の乗り換え時間も多くかかっていましたが、平成18(2006)年6月に橋上駅舎化し駅の南北の行き来が出来るようになり、更に乗り換え口の南口(生田緑地口、写真)はペデストリアンデッキも整備され相互の乗り換えもスムーズになりました。人の流れがペデストリアンデッキ主体となり、地上部の駅前はだいぶ人が少なくなった感じです。橋上駅舎化前は駅前に車が近づくのが困難でしたが、現在ではそれほど難儀ではなくなりました。

多摩区役所は駅からすぐ。また、川崎市内の南武線内では多摩川に一番近く、北にすぐのところまで迫ってきています。

駅開業時は橘樹郡稲田村(たちばなぐんいなだむら)で、登戸の駅名は同町の字名でした。昭和7(1932)年6月1日に町制を施行、稲田町となり昭和13(1938)年10月1日に川崎市に編入されています。昭和47(1972)年4月1日には政令指定都市となり多摩区の区域に設定されています。

入 場 券
登戸入場券

民営化後も硬入あり。

D A T A
登戸駅(のぼりとえき)【ノト】   東京近郊区間 東京電車特定区間 みどりの窓口
所属 JR東日本横浜支社
国鉄時 東京西鉄道管理局 【トニ】
開業日 昭和2(1927)年 3月 9日
所在地 神奈川県川崎市多摩区登戸3435
他社線乗換 小田急電鉄小田原線

© 2002-2018 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01