ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)土樽  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

土樽
つちたる
Tsuchitaru

 
土合 上越線 越後中里


解   説
土樽駅写真
2006/05/27撮影

『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号場に汽車が止まった。』

上越線、新潟県最初の駅である土樽駅は昭和6(1931)年9月1日に水上~越後湯沢間開通により上越線が全通したと時を同じく、土合信号場(現土合駅)と共に土樽信号場として開設されました。当事上越線は単線で現在の上り線がその路線で、当時最長だった9,702mの清水トンネルを通り県境を越えていきました。冒頭はおなじみの川端康成の小説『雪国』の書き出しですが舞台は上越線であるといわれており、『国境の長いトンネル』は清水トンネルが、『信号場』は土樽信号場がそのモデルになっています。

土樽が正駅に昇格したのは昭和16(1941)年になります。土合(昭和11年)、土樽が正駅に昇格した後に清水トンネル内に茂倉信号場が設置(昭和18年5月15日)されましたが、上越線複線(新清水トンネル共)完成(昭和42年9月28日)後しばらく経った昭和59(1984)年11月1日に廃止されています。駅ホームは相対式の2面2線でその間に通過用の線路が2本敷かれており、比較的大きな構内をしています。駅は昭和60(1985)年に無人化されていますが立派な木造駅舎が残されています。周囲に民家等はありませんが北側に土樽スキー場、更に登山などの拠点にもなっており駅舎内にジュースの自動販売機も設置されています。

駅名の土樽は開業時の村名です。南魚沼郡土樽村は昭和30(1955)年合併により湯沢町となり現在に至ります。

入 場 券
土樽入場券

昭和60(1985)年3月14日無人化。

D A T A
土樽駅(つちたるえき)【タル】  
所属 JR東日本新潟支社
国鉄時 新潟鉄道管理局 【ニイ】
開業日 昭和16(1941)年 1月 10日
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町土樽古屋敷

© 2002-2021 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01