ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)替佐  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

替佐
かえさ
Kaesa

 
上今井 飯山線


解   説
替佐駅写真
2005/09/28撮影

『兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川 夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷』

ご存知、唱歌『故郷』の一番の歌詞です。故郷は作曲 岡野貞一、作詞 高野辰之によるもので、この高野辰之は旧下水内郡永田村の出身。替佐駅は開業時下水内郡豊井村の駅でしたが、昭和31(1956)年9月30日に永田村との合併により豊田村となり、豊田村の中心駅として機能していました。駅は、高野辰之ゆかりの駅として、列車到着時にはその旨の案内放送が氏の作詞した唱歌をバックにして流れます。高野辰之の作詞したその他の作品には『春の小川』『朧月夜』『紅葉』『春が来た』などお馴染みの唱歌がずらりと並びます。

替佐駅は相対式ホームの2面2線で行き違いが可能です。狭いながらも駅前がロータリーになっていて、その奥に写真の木造駅舎があります。壁面が綺麗になっていますが開業時より残る駅舎です。現在、駅業務は簡易委託により行われています。

豊田村は平成17(2005)年4月1日に合併により中野市に編入され消滅しています。高野辰之記念館は駅北へ3Kmほどのところにあり、少々距離がありますが、この記念館のあるところが旧永田村の地域になります。

【列車到着時の案内放送のバックに流れる唱歌『故郷』(SMF 4KB)】

入 場 券
替佐入場券

民営化後も硬入あり。

D A T A
替佐駅(かえさえき)【カエ】  
所属 JR東日本長野支社
国鉄時 長野鉄道管理局 【ナノ】
開業日 大正10(1921)年 10月 20日
所在地 長野県中野市豊津

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01