ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)新鶴  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

新鶴
にいつる
Niitsuru

 
根岸 只見線 若宮


解   説
新鶴駅写真
2005/10/04撮影

会津は米所として有名ですが、この新鶴駅はかつて周辺で取れた米の出荷基地として賑わいを見せた駅で、只見線の貨物全盛時には広い構内を持つ駅でしたが、現在では規模もだいぶ縮小されました。旧新鶴村の中心部に近く、街が駅周辺に開けていますが、駅の周囲はひっそりとしています。

そんな新鶴駅の現在の構内はホーム1本、線路1本の行き違い不可の構造をしていて、かつて使われていた対向式の向かい側のホームのみが現在でも残されています。国鉄末期まで駅員を配置していましたが現在は無人駅になっており、線内の会津高田駅会津本郷駅と同じ意匠の待合室が入り口部分に建てられています。

駅名の新鶴は開業時の村名に由来しています。開業時の大沼郡新鶴村は平成17(2005)年10月1日に会津高田町、会津本郷町との2町1村の合併により会津美里町として町制を施行し現在に至ります。新鶴とはなかなか響きのいい地名ですが、もともとは2村合併により誕生した新鶴村(明治31年)の構成村であった新田村、鶴野辺村それぞれ一字ずつを取って付けられた合成地名です。

入 場 券
新鶴入場券

昭和61(1986)年11月7日無人化。

D A T A
新鶴駅(にいつるえき)【ニル】  
所属 JR東日本仙台支社
国鉄時 仙台鉄道管理局 【セン】
開業日 大正15(1926)年 10月 15日
所在地 福島県大沼郡会津美里町立石田古宮前

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01