ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)只見  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

只見
ただみ
Tadami

 
会津蒲生 只見線 田子倉(臨)


解   説
只見駅写真
2006/05/27撮影

福島県最西端の町、南会津郡只見町は昭和35(1960)年に完成した田子倉ダムを有するダムの町として著名です。周囲のいくつかの町村を含めて奥会津と呼称され、隣の檜枝岐村(ひのえまたむら)にある日本最大の貯水量を誇る奥只見ダムなど大きなダムと湖を抱えたこの奥会津地域の拠点ともなっているのがこの只見町になります。その只見町の市街地に位置するのが只見駅になります。湖へのレジャー客や、冬のスキーなど観光客も多く訪れる町の玄関として機能しています。

田子倉ダム造成用に会津川口から敷かれたダム工事用の線路は、田子倉ダム完成後旅客用に改良工事が施され、3年後の昭和38(1963)年8月20日にこの只見駅まで開通しました。只見線が全通する昭和46(1972)年まではこの只見駅が福島県側(当時の路線名は会津線)の終着駅でした。駅のホームは島式の1面2線で交換が可能で、構内は広く、駅舎から結構離れたところにホームが存在します。駅前広場はかなり広く取られており、駅の周囲には商店などが点在しています。雪深い地域らしく鉄筋コンクリート造の駅舎が備えられており、みどりの窓口は無いもののJR直営の駅員が常駐しています。

只見町から国道252号線が田子倉ダム脇を通り新潟県まで抜けていますが、六十里越と呼ばれる県境部分の峠道が、通常11月~5月中旬まで雪のため通行止めになる関係で、新潟へ抜ける交通手段はこのJR只見線が唯一となります。只見線は超が付くほどの赤字ローカル線ですが、廃止されずに残されているのはこの冬季の交通機関を確保するためで、現在も細々と運行が続けられています。ただ、平成18(2006)年初頭の豪雪によりこの只見線も長い間不通の状態を余儀なくされ、交通手段は完全にストップした状況となりました。

駅開業時より南会津郡只見町の駅で、現在に至ります。

入 場 券
只見入場券

民営化後も硬入あり。

D A T A
只見駅(ただみえき)【アミ】  
所属 JR東日本仙台支社
国鉄時 仙台鉄道管理局 【セン】
開業日 昭和38(1963)年 8月 20日
所在地 福島県南会津郡只見町只見上ノ原1828

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01