ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東海)佐久間  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

佐久間
さくま
Sakuma

 
中部天竜 飯田線 相月
  飯田線 豊根口


解   説
佐久間駅写真
2005/03/06撮影

駅としては隣の中部天竜が中心的な存在ですが、旧佐久間町の町名を名乗っていたのがここ、佐久間駅です。駅周辺に小さな旅館など数件あり、街が形成されています。旧佐久間町役場はこの駅が最寄でしたが、磐田郡佐久間町(開業時は佐久間村。昭和31{1956}年9月30日町制施行)は平成17(2005)年7月1日に浜松市へと変わり佐久間町の自治体は消滅しました。

駅ホームは島式の1面2線です。駅舎は平成元(1989)年6月に新築された浜松市立(旧佐久間町立)図書館を併設したもの。図書館内には人がいますが、駅自体は無人駅で駅の業務は行われていません。

昭和31(1956)年竣工の、国を挙げての大事業であった佐久間ダムの工事に伴い、飯田線はルートの変更を余儀なくされました。この佐久間駅から天竜川に向かって線路が伸び、そのまま川沿いを大嵐駅まで向かうルートが旧三信鉄道時代からのルートでしたが、ダム内に没してしまうこの区間を避け東側に迂回し、水窪町を経由し大嵐駅へ向かうルートに変更されました。それが現在のルートで、この完成は昭和30(1955)年11月11日のこと。旧ルートは佐久間ダム内に水没しています。このページ内に示されている廃線部分(次駅豊根口)はその旧ルートを表しています。

その佐久間ダムはこの駅から約5Kmほど離れた所にあります。佐久間の観光名所のひとつで、そのダムの威圧感には圧倒されます。ダムの近くに佐久間電力館があり、佐久間ダムについての資料などが展示されています。なお、佐久間ダムへの観光拠点は隣の中部天竜駅が一般的です。

入 場 券
佐久間入場券

昭和59(1984)年2月24日無人化。

D A T A
佐久間駅(さくまえき)【サク】  
所属 JR東海飯田支店
国鉄時 静岡鉄道管理局 【シツ】
開業日 昭和11(1936)年 11月 10日
所在地 静岡県浜松市天竜区佐久間町佐久間2434
改称履歴 昭和13(1938)年 1月 16日 佐久間水窪口(さくまみさくぼぐち)→佐久間
廃止線 飯田線 昭和30(1955)年 11月 11日廃止

© 2002-2018 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01