ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東海)田立  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

田立
ただち
Tadachi

 
坂下 中央本線【海】 南木曽


解   説
田立駅写真
2005/04/01撮影

坂下駅を出た電車は県境を越えて長野県に入ってきます。長野県最初の駅は田立駅です。もともとは信号場として昭和4(1929)年12月3日に開設された所でしたが、住民の請願もあり戦後間もない昭和23(1948)年に駅に昇格しています。景勝地、田立の滝が北方7Kmほどの所にあり、その途中にはキャンプ場があります。

相対式の2面2線を持つ無人駅です。ホームは切り通しにあり、ホームを跨ぐ小さな道路からそれぞれのホームへ階段がつながっています。駅のホーム上に簡易な待合室がありますが、駅の上部には『田立花馬の里ひろば』という看板が掲げられた建屋があり、そちらも待合室として使えます。なお、駅開業時(信号場時)は現在よりも1.5Km南木曽側に駅があり駅員が配置されていましたが、塩尻~中津川間の電化工事に伴い現在の位置に駅が移転されました。昭和48(1973)年5月27日に電化工事が完了し、中央本線は全線電化され、同年の7月10日より正式に電化開業の運びとなっています。この田立駅も電化開業日の7月10日に現位置に移転し、時を同じく無人駅と化しています。

開業時は西筑摩郡田立村の駅でした。田立村は昭和36(1961)年1月1日に3村の合併により南木曽町として町制を施行しています。なお、西筑摩郡は昭和43(1968)年5月1日に郡名が改称され木曽郡になっており、現在は木曽郡南木曽町ということになります。

入 場 券

昭和48(1973)年7月10日無人化。

D A T A
田立駅(ただちえき)【タチ】  
所属 JR東海東海鉄道事業本部
国鉄時 長野鉄道管理局 【ナノ】 (民営化直前、名古屋鉄道管理局へ移管)
開業日 昭和23(1948)年 9月 1日
所在地 長野県木曽郡南木曽町田立

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01