ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東海)宮ノ越  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

宮ノ越
みやのこし
Miyanokoshi

 
原野 中央本線【海】 藪原


解   説
宮ノ越駅写真
2005/04/01撮影

宮ノ越は古くは中山道の宿場が置かれたところですが、昔日の面影は無く駅の周囲はひっそりとしています。

駅のホームは島式の1面2線。この辺りではまだ残っている木造駅舎が健在です。ここから次の薮原駅までは再度複線区間になります。

駅開業時の住所は西筑摩郡日義村(ひよしむら)。木曽にゆかりの源義仲、通称朝日将軍義仲から採った地名で、明治の市町村制施行時よりあった歴史のある村でしたが(昭和43年西筑摩郡→木曽郡)、平成17(2005)年11月1日に木曽福島町などとの合併により木曽町となり日義村は消滅しています。

入 場 券
宮ノ越入場券

昭和60(1985)年3月22日無人化。

D A T A
宮ノ越駅(みやのこしえき)【ミコ】  
所属 JR東海東海鉄道事業本部
国鉄時 長野鉄道管理局 【ナノ】 (民営化直前、名古屋鉄道管理局へ移管)
開業日 明治43(1910)年 11月 25日
所在地 長野県木曽郡木曽町宮ノ越

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01