ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)浜川崎  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

浜川崎
はまかわさき
Hamakawasaki

 
武蔵白石 鶴見線 昭和
川崎新町 南武線【支線】  


解   説
浜川崎駅写真
2003/08/31撮影

浜川崎は南武(支)線と鶴見線の乗換駅。時刻表などの路線図を見ると、この駅はひとつの駅のようですが、各々の駅の入り口はそれぞれ独立して存在します。南武線と鶴見線の駅の入り口の間には一本の道路が通っており、駅間は約50mほどの距離があります。ただ、JRとしては同一の駅ですので、切符は別々に買う必要はありません。と言っても無人駅ですので改札はありませんが。(写真は南武線の入口です。)

駅の南には広大なNKK(日本鋼管)の京浜製鉄所があります。また、他にいくつかの工場が点在しており、この駅の利用者はほとんどがそこへの通勤のためのものです。

南武線・鶴見線とホームはそれぞれ1本ですが、駅構内は広く、線路は多数敷かれています。これは貨物用の線路。沿線の工場から各地へ向かうための貨物の拠点として浜川崎駅は機能しています。駅ホームの上部には高架の路線も存在しています(写真に少し写っています)。これは、東海道本線の貨物線で、田町あたりから独立した路線を通り、大田区の昭和島近辺を経由して、この浜川崎に到着。浜川崎は貨物駅も存在し、浜川崎の戸籍上の所属は鶴見線や南武線ではなく、東海道本線となっています。旅客設備が貧弱なのもうなずけますね。

入 場 券

昭和46(1971)年3月1日無人化。

D A T A
浜川崎駅(はまかわさきえき)【ハサ】   横浜市内 東京近郊区間 東京電車特定区間
所属 JR東日本横浜支社
国鉄時 東京南鉄道管理局 【トミ】
開業日 大正7(1918)年 5月 1日
所在地 神奈川県川崎市川崎区南渡田町

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01