ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)一日市場  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

一日市場
ひといちば
Hitoichiba

 
梓橋 大糸線【東】 中萱


解   説
一日市場駅写真
2005/07/30撮影

日付に市、或いは市場と名付けられた地名は全国的に存在し、その昔その土地でその日に市(いち。多くの人が集まり物の売買が行われる場所の意で、地名の日付は下一桁のもので一日なら1日、11日、21日が市の立つ日として一般的なようです)が立ったことによるものが多いのですが、ここ一日市場も西暦1600年代半ば頃まで大きな市が立ったといいます。因みにJRでは~市場という名の駅名が他に2ヶ所あり、ひとつは総武本線の八日市場、もうひとつは横浜線の十日市場で3駅ともJR東日本の駅です。

ホームは島式で交換が可能です。駅舎は車寄せ部分の屋根が増設されるなど所々改築されていますが、基本的には開業時から残る駅舎です。駅舎内では委託による駅員が業務を行っています。

この駅は明盛駅として開業しましたが、この明盛は開業時の村名でした。開業後すぐに地域名である一日市場に改称されていますが、明治の初期までは一日市場村という行政区がありました。南安曇郡明盛村は昭和29(1954)年6月1日に温村(ゆたかむら)、小倉村(おぐらむら)との3村の合併により南安曇郡三郷村として村制を施行しています。長らく三郷村の時代が続き、駅は三郷村役場の最寄り駅としても機能してきましたが、平成17(2005)年の合併により三郷村は消滅、安曇野市として市制を施行しています。

入 場 券

民営化後も硬入あり。

D A T A
一日市場駅(ひといちばえき)【ヒチ】  
所属 JR東日本長野支社
国鉄時 長野鉄道管理局 【ナノ】
開業日 大正4(1915)年 1月 6日
所在地 長野県安曇野市三郷明盛1358
改称履歴 大正4(1915)年 5月 1日 明盛(めいせい)→一日市場

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01