ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)大河原  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

大河原
おおがわら
Ogawara

 
北白川 東北本線 船岡


解   説
大河原駅写真
2006/01/10撮影

電車は白石川沿いを更に東へと走ります。やがて白石市の市域を離れ柴田郡大河原町の域内に入ってきます。大河原町は周囲の市町村と比べて非常に面積が小さい自治体ですが、仙台のベッドタウンとして宅地化が急激に進んでいる町です。その大河原町唯一の駅が大河原駅ということになります。元来は駅から西へ1Km弱離れた、白石川を渡った地域が市街地で役場もそちらにありますが、近年は駅周囲も市街地化が進み、商業施設なども多く見られ賑やかになっています。

大河原駅のホームは2面3線で、駅舎は地上駅舎があり出口は駅西側になっています。周囲の宅地化に加え複数の高等学校が駅最寄にあり、朝の時間帯は多くの乗降客で混雑する駅です。駅の北側、白石川沿いに『一目千本桜』と呼ばれるソメイヨシノの群生地があり、約7kmもの桜並木が続いてます。大河原~槻木間の車窓からも季節には多くの桜を眺められます。

駅開業時は柴田郡大谷村(おおやむら)で、明治22年の新町村制施行の際に周囲の3村と合併して大河原町となりました。大河原町は、明治期より残る歴史の古い自治体です。

入 場 券
大河原入場券

昭和58(1983)年3月1日軟券化。国鉄末期に硬入復活、民営化後も販売実績有り。

D A T A
大河原駅(おおがわらえき)【オカ】   みどりの窓口
所属 JR東日本仙台支社
国鉄時 仙台鉄道管理局 【セン】
開業日 明治20(1887)年 12月 15日
所在地 宮城県柴田郡大河原町大谷向119

© 2002-2020 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01