ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)陸前原ノ町  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

陸前原ノ町
りくぜんはらのまち
Rikuzen-Haranomachi

 
宮城野原 仙石線 苦竹


解   説
陸前原ノ町駅写真
2005/03/16撮影

平成12(2000)年の仙石線地下化の際に、駅としてはこの陸前原ノ町駅までがその対象になりました。仙台駅まで3.0Kmあった営業キロが地下化により2.7Kmに変わっています。この駅は宮城野区役所の最寄り駅で、区役所は駅を上がったところすぐにあります。

駅は地下ホームで相対式の2面2線です。外部からは一見、地上駅と思わせる大きな駅舎があります。地下ホームを持つ駅にしては珍しく大きな駅舎で、構造としては高架駅を思わせる造りをしています。メインの出口は駅北側になりますが、駅南側にも出口があります。訪問時は駅の南側はまだ開発途上という感じで、荒涼とした平地が広がっていました。

地平ホーム時代は電車区を併設する大きな構内の駅でした。開業時宮城郡原町の中心的な位置にあり、駅名も開業時の町名に由来しています(駅名のノの字は町名にありませんが読みはどちらも『はらのまち』です)。原町は昭和3(1928)年4月1日に仙台市に編入され消滅しています。仙台市は平成元(1989)年4月1日に政令指定都市へ移行し、旧原町のこのあたりは宮城野区の区域になっています。

入 場 券
陸前原ノ町入場券

民営化後も硬入あり。この駅は周辺の他の駅と違い軟券化されることなく硬入の発売を続けていました。民営化後も硬入発売の実績があります。

D A T A
陸前原ノ町駅(りくぜんはらのまちえき)【リハ】   仙台市内 みどりの窓口
所属 JR東日本仙台支社
国鉄時 仙台鉄道管理局 【セン】
開業日 大正14(1925)年 6月 5日
所在地 宮城県仙台市宮城野区五輪2-12

© 2002-2020 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01