ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)勝沼ぶどう郷  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

勝沼ぶどう郷
かつぬまぶどうきょう
Katsunumabudokyo

 
甲斐大和 中央本線【東】 塩山


解   説
勝沼ぶどう郷駅写真
2003/08/05撮影

甲州(市ではなく山梨県の意)のぶどうといえば全国的にその名が知られていますが、その甲州ぶどうの中で中心的な産地がここ勝沼になります。町内にはたくさんのぶどう園があり、収穫の季節にはぶどう狩り目当ての観光客で賑わいます。勝沼ぶどう郷駅は勝沼の市街地からは少し離れた山の上に存在しますが、ぶどう郷の駅名通り、駅からは一面のぶどう棚が開けており、素晴らしい眺めです。ぶどう棚の先には下り電車の行き先の山梨市や石和の街並みが開けていて、更にその向こう側には南アルプスの山並みが広がり、甲府盆地の地形を目の当たりに出来るロケーションにあります。

駅ホームは島式の1面2線。勾配上に駅があり、線路に高低差があるためにホームにも段差が付いています。この辺りの島式ホームはだいたいこの様な段差がある構造をしています。駅舎は国鉄時よりの鉄筋コンクリート造で、中ではぶどうに因んだお土産が並んでいます。駅前ロータリーは広いのですがその他にはこれといった施設はありません。勝沼の市街地へはバスが駅前より連絡しています。

勝沼駅から勝沼ぶどう郷駅へと改称された時は、ひらがなの駅名でしかも植物の名前を駅名にしたことで色々と物議を呼びましたが、今となっては勝沼をぶどうの町としてPRする素晴らしい駅名だと個人的に思いますがいかがでしょうか。

駅開業時の住所は東山梨郡菱山村(ひしやまむら)。昭和29(1954)年4月5日に勝沼町、東雲村との合併により勝沼町へと変わっています。平成17(2005)年11月1日には塩山市、東山梨郡大和村との合併により甲州市へと変わっています。

入 場 券
勝沼ぶどう郷入場券

民営化後も硬入あり。ただし勝沼ぶどう郷の硬入はありません。
写真は旧称勝沼の入場券です。

D A T A
勝沼ぶどう郷駅(かつぬまぶどうきょうえき)【ヌマ】   東京近郊区間
所属 JR東日本八王子支社
国鉄時 東京西鉄道管理局 【トニ】
開業日 大正2(1913)年 4月 8日
所在地 山梨県甲州市勝沼町菱山3052
改称履歴 平成5(1993)年 4月 1日 勝沼(かつぬま)→勝沼ぶどう郷

© 2002-2021 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01