ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)戸狩野沢温泉  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

戸狩野沢温泉
とがりのざわおんせん
Togarinozawaonsen

 
信濃平 飯山線 上境


解   説
戸狩野沢温泉駅写真
2005/09/28撮影

戸狩、野沢温泉、どちらも温泉地でありスキー場を抱えた観光地ですが、その両方の観光地を繋げて駅名としたのがここ、戸狩野沢温泉駅です。開業時は戸狩駅でしたが、国鉄末期の昭和62(1987)年3月に野沢温泉へのアクセス駅をPRするために駅名を改称しています。実際に駅は戸狩温泉(スキー場)に近く駅から2Kmほどで、野沢温泉(スキー場)の方は行政区の違う下高井郡野沢温泉村に位置していて、駅からは6Kmほど離れています。ただ、駅前からバスが連絡しておりタクシーも常駐しています。

駅のホームは行違い可能の島式1面2線です。飯山線の要所駅のひとつで、この駅を始発終着とする列車が数多く設定されています。この戸狩野沢温泉駅より下り方は列車の本数が少なくなります。現在の駅舎は平成5(1993)年12月に新築されたもので、観光地に相応しい立派なものに生まれ変わりました。

駅開業時の住所は下水内郡常盤村。戸狩はこの地区に古くからある地名で、昭和35(1960)年に戸狩スキー場がオープンして著名な地名となりました。常盤村は昭和29(1954)年、合併により飯山市となっています。

余談ですが、私が初めて泊りがけでスキーに行ったのが野沢温泉スキー場でした。旅館で出た朝ごはんの付け合せの野沢菜がおいしかったのが印象に残っています。

入 場 券
戸狩野沢温泉入場券

戸狩入場券

民営化後も硬入あり。右は旧称戸狩の入場券。

D A T A
戸狩野沢温泉駅(とがりのざわおんせんえき)【トリ】   みどりの窓口
所属 JR東日本長野支社
国鉄時 長野鉄道管理局 【ナノ】
開業日 大正12(1923)年 7月 6日
所在地 長野県飯山市照里
改称履歴 昭和62(1987)年 3月 1日 戸狩(とがり)→戸狩野沢温泉

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01