ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)湯本  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

湯本
ゆもと
Yumoto

 
常磐線 内郷


解   説
湯本駅写真
2005/11/16撮影

湯本駅はいわき湯本温泉への最寄り駅。その湧出量は世界第2位を誇るといわれています。駅は通勤、通学客のほか、温泉への観光客などで賑わい、乗降客数も多めです。常磐ハワイアンセンターというと懐かしいと感じられる方もいるかと思います。文字通りハワイを核にしたテーマパークで、昭和41(1966)年にオープンし県内でも著名な施設のひとつでしたが、現在はスパリゾートハワイアンズと名前を変え営業しています。湯本駅からバスが出ていて、約15分ほどで行き着くことが出来ます。

駅ホームは2面3線を備えます。鉄筋コンクリート造2階建ての駅舎は昭和42(1967)年3月の建築。観光地を意識して早々と改築されました。常磐線内では歴史のある鉄筋コンクリートの駅舎です。かつて作詞家の野口雨情がこの湯本に3年間住んでいたことがあるそうで、駅のホームでは電車の発車音として雨情作詞(作曲 中山晋平)の『しゃぼん玉』のメロディが流れます。

駅名の湯本は開業時の村名です。岩城郡湯本村は大正11(1922)年8月20日に町制を施行しています。昭和29(1954)年3月31日に磐崎村を編入し常磐町に名称変更し即日常磐市(じょうばんし)として市制を施行しました。この湯本が常磐市の中心部でしたが、昭和41(1966)年に合併により常磐市は消滅。現在はいわき市の駅へと変わっています。

【湯本駅のメロディー しゃぼん玉 (SMF 1Kbyte)】

入 場 券
湯本入場券

民営化後も硬入あり。

D A T A
湯本駅(ゆもとえき)【ユモ】   東京近郊区間 みどりの窓口
所属 JR東日本水戸支社
国鉄時 水戸鉄道管理局 【ミト】
開業日 明治30(1897)年 2月 25日
所在地 福島県いわき市常磐湯本町天王崎92

© 2002-2021 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01