ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)有明  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

有明
ありあけ
Ariake

 
穂高 大糸線【東】 安曇追分


解   説
有明駅写真
2005/07/30撮影

有明駅は島式ホームの1面2線を備えた交換可能駅。古びた木造駅舎は昭和16(1941)年12月に建てられたものです。安曇野市の北部に位置しており、東へ4Kmほど行ったところには同じ安曇野市内にある明科駅(篠ノ井線)があります。大糸線CTC化に伴い昭和58(1983)年に無人化していますが、現在簡易委託による駅業務が行われています。

駅開業時の住所は南安曇郡北穂高村。有明の駅名は北穂高村の西隣にあった有明村から採用されました。昭和29(1954)年11月3日にその有明村や西穂高村と共に穂高町と合併をし、南安曇郡穂高町として町制を施行し北穂高村は消滅しています。平成17(2005)年10月の合併により現在は安曇野市に変わっています。

入 場 券
有明入場券

昭和58(1983)年3月25日無人化。

D A T A
有明駅(ありあけえき)【アリ】  
所属 JR東日本長野支社
国鉄時 長野鉄道管理局 【ナノ】
開業日 大正4(1915)年 8月 8日
所在地 長野県安曇野市穂高北穂高2261

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01