ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)京ヶ瀬  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

京ヶ瀬
きょうがせ
Kyogase

 
新津 羽越本線 水原


解   説
京ヶ瀬駅写真
2006/07/07撮影

羽越本線は新津~秋田間の271.7Kmを結ぶ電化路線です。東北本線、奥羽本線と並ぶ東北地方重要幹線のひとつで、元来は日本海側の主要都市、鶴岡、秋田などは関東からもこの羽越本線利用が主でしたが、近年新幹線の開通によりこの羽越本線は幹線としての機能が薄らいできました。それに伴い各駅で規模の縮小が行われています。因みに新潟から青森まで、8時33分発の特急いなほ号に乗って羽越本線経由で乗り継いで行くと青森に15時16分に着きます。上越新幹線で大宮まで出て、そこから東北新幹線利用のルートでは8時23分新潟発の電車を利用すると青森には14時8分に付くことになります。運賃を度外視したルートですが、時間にして約1時間違います。在来線が廃れていく理由の一端の紹介でした。(平成18年3月改正ダイヤ)

新津駅を出た羽越線の電車は、信越本線から離れ右にカーブします。阿賀野川を渡って阿賀野市の市域に入ったところにあるのが最初の駅、京ヶ瀬駅です。もともとこの駅は昭和18(1943)年9月30日に信号場として開設、駅昇格は戦後かなり経った昭和37(1962)年のことになります。周囲を水田に囲まれた中にある駅で、昭和40年代に早々と無人化しています。駅前広場はアスファルト舗装による整備がされていて、ロータリー、駐車場が作られています。入り口部分の建屋は開業時以来のもので、現在待合室として機能しています。

羽越線は単線、複線が交互に現れる路線で、起点の新津~新発田までは単線区間です。この駅のホームは相対式の2面2線で行き違いが可能です。駅舎と反対側のホームにも、外部から直接出入りが出来るように階段のみの簡易な入り口が作られています。

駅名は開業時の村名です。北蒲原郡京ヶ瀬村は平成16(2004)年4月1日に合併により阿賀野市として市制を施行し消滅しています。なお、駅は村唯一の駅でしたが、旧京ヶ瀬村の市街地は駅からだいぶ離れたところにあります。

入 場 券

昭和47(1972)年9月1日無人化。

D A T A
京ヶ瀬駅(きょうがせえき)【キケ】   新潟近郊区間
所属 JR東日本新潟支社
国鉄時 新潟鉄道管理局 【ニイ】
開業日 昭和37(1962)年 4月 1日
所在地 新潟県阿賀野市小河原居前453

© 2002-2020 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01