ちきページ 駅のデータベース(更新終了)>(JR東日本)信濃平  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件


凡例
 ■…駅写真あり
 ◆…入場券画像あり

信濃平
しなのたいら
Shinanotaira

 
北飯山 飯山線 戸狩野沢温泉


解   説
信濃平駅写真
2005/09/28撮影

信濃平駅は線内ではよく見られる1面1線の片面ホーム使用の無人駅ですが、線内唯一貨車転用の待合室が置かれています。ホームからの眺めは、田んぼや畑が広がる田園風景が展開されています。

1面1線と書きましたが、かつて2面以上を有したと思われるホームの残骸や、線路が敷かれていたと思われる更地が確認できます。このあたりは穀倉地帯で米やその他の作物が多く取れ、その輸送に飯山線の貨物を使っていた時期がありこの駅もその取扱い駅のひとつでした。どの程度の規模だったのかはわかりませんが、残骸が残っていると当時の構内の様子を知りたくなってきます。貨物取扱いは昭和45(1970)年12月に廃止され、翌年の昭和46(1971)年に無人駅になっています。

駅開業時の住所は下水内郡常盤村。昭和29(1954)年8月1日、1町4村の合併により飯山市として市制を施行しています。

入 場 券

昭和46(1971)年3月1日無人化。

D A T A
信濃平駅(しなのたいらえき)【タイ】  
所属 JR東日本長野支社
国鉄時 長野鉄道管理局 【ナノ】
開業日 大正12(1923)年 7月 6日
所在地 長野県飯山市常盤
改称履歴 昭和19(1944)年 6月 1日 信州平(しんしゅうたいら)→信濃平

© 2002-2022 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01