ちきページ 入場券あれこれ(更新終了)硬入プレミアの条件>北海道の入場券  
郵便局名検索 

Contents

市町村章
都道府県別リスト

郵便局
郵便局データベース
記憶に残る郵便局
郵便局訪問記

ボードゲーム
ボードゲーム紹介

掲示板

戯言(日記)
物置(ファイル置場)
リンク集

管理人へメール


アーカイブ
(更新終了)

駅のデータベース
駅名検索(簡易)
駅名検索(基本)
・駅名検索(詳細)
路線別一覧

駅の変遷(路線別)
路線データhtml化

入場券あれこれ
切符のサイズ
硬券入場券の様式
料金の変遷
券面の変遷
硬入プレミアの条件
  価値下落の条件
  無人 軟券 改称前
  60円から80円へ
  北海道の入場券
  JRの入場券
  赤帯付き入場券


北海道の入場券

安足間(あんたろま)駅入場券
人気の高い北海道の硬入(安足間駅)
 
北の大地北海道は、アイヌ語駅名の特異性から硬入の中でも人気があり、他の地域に比べると高値のつく傾向にあります。駅の多さに比例して無人化した駅も多数に上り、昭和40年代に無人化した駅は、本州などの同時期無人化駅より高値になることが多いです。また、昭和53年、80円の時代に無人化した駅の80円券は驚くほどの高値になることがあります。


北見滝ノ上駅入場券
それほどの高値にはならない
国鉄末期の廃止駅の入場券

 
昭和50年代後半~60年代にかけての国鉄末期、赤字ローカル線の廃止に伴いたくさんの駅が廃止されました。この時期に廃止駅となったものは価値が高そうですが、廃止決定路線を一目見ようと廃止間近になりこぞって乗車率が増え、廃止線の終着駅などでは入場券が良く売れました。そのため、このような廃止線の入場券はそれほどの高値をつけるものではありません。


北海道の硬券入場券はコアなファンが多くいて、少し珍しい券はものすごい高値が付き、私から見ると高嶺の花です。

© 2002-2018 Chiki. All rights reserved. update: 2016/04/01